Eco-AIs

食料・栄養

ノンメタ食品

更新日:2021/02/27
記入者:ECO-AIs

技術情報 (起案日:2020年6月18日)

脂肪が蓄積しにくい腸内フローラで育てた畜産品を意味しています。

震災前後で実施した経済産業省の委託研究成果によって、通常の飼料に、好熱性微生物で高温発酵させた混合飼料を一部添加することによってモデル動物の脂肪蓄積が抑えられることが明らかになりました。この時、脂肪が蓄積しにくい腸内フローラに改善されていました。その技術を発展させて、豚に適用させることによって、ノンメタ ポークという商品を開発することに成功しました。

このような育て方をすると、豚が健康に育つ傾向があることも明らかになってきています。特に、細胞老化の指標となる過酸化脂質を少なくし、肉質に含まれる抗酸化や代謝の効率化に関与する機能性成分が豊富になる傾向が見出されました。この技術を、鶏や牛などの畜産分野に広く適用させ(研究データ蓄積中)、生産者の経営にとっても優しく、消費者の体にも優しい、ノンメタ 化した高い品質の畜産品の普及を目指しています。

土壌に過剰な化学肥料を与えずに栽培した作物

関連情報

  • ノンメタポークホームページhttp://nonmetapork.com/http://nonmetapork.com/
  • 日環科学株式会社ホームページ
    https://je-s.co.jp/food
  • 千葉大学生物科学研究室ホームページ
    http://www.h.chiba-u.jp/lab/seikalab/publish-prof.-kodama.html
  • 千葉大学ホームページ
    http://www.chiba-u.ac.jp/research/coe_gp/result/horticulture/result23.html
  • 宮本浩邦、児玉浩明 他8名 特許第5578375号 登録日2014年7月18日 国際出願番号:PCT/JP2011/52735「好熱性微生物を用いた混合物、溶解液、及び医薬品」(中国では取得、EUは指定国に対して国内移行手続き中)
  • 戦略的基盤技術高度化支援事業 研究開発成果事例集 平成22年度予備費研究開発プロジェクト(p.11, p.242) https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/senryaku/download/H252B.pdf https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/senryaku/download/H252C.pdf