Eco-AIs

環境保全

川上水質浄化

更新日:2021/02/27
記入者:ECO-AIs

技術情報 (起案日:2020年6月18日)

一般的な排水処理は、地域毎で集められ、集約した形で水質浄化を進めますが、一つ一つの家庭からの最初の段階で排水が効率的に有機物分解されることによって、末端の浄化の負担を減らすことにつながるシステムになります。

当該発想の技術開発自体は、高齢の弊社非常勤取締役によって1980年代からから進められています。その後の研究で、微生物を付着しやすい表面積の大きな多孔質素材と浄化微生物を組み合わせていければ、その効果はさらに高まる可能性が期待されています。その多孔質素材や浄化微生物の組み合わせが重要です。このような多孔質体としては、ゼオライトや炭なども考えられますが、生分解性プラスチックも期待される素材であると思っています。また浄化微生物もこれまでのように、常温の微生物のみならず、極限環境微生物である好熱菌や低温菌などを活用することによって、地域の環境特性に根ざした環境浄化が可能であると思っています。このような排水処理は仕組みは、一般家庭の排水のみならず、農業分野にも応用することによって、幅広く貢献できる技術になると期待しています。

関連情報

  • https://www.naratanka.com/畜産水産用/
  • http://www.nedo.go.jp/content/100762560.pdf
  • http://cfma.jp/cf.html
  • https://news.mynavi.jp/article/20120903-a045/
  • http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/H28FY/000534.pdf