Eco-AIs

腸内細菌による病気のテーラーメード医療

更新日:2021/09/16
記入者:ECO-AIs

近年、腸内フローラの研究が世界的に進められ、多くのことが分かってきました。その中で、腸内細菌の種類は個人差が大きく、人種や様々な国々の間で多様性があることが判明しました。

さらに、腸内細菌と各種疾患との関係があることが研究によって分かりました。内的要因(遺伝、生理状態 etc)と外的要因(生活習慣、投薬 etc)が人の健康状態を左右することを考慮して、テーラーメード医療(個人差を加味した新しい医療の形態)という新たな治療法に組み込んでいく取り組みが進められています。

さらに、腸内細菌と各種疾患との関係があることが研究によって分かりました。内的要因(遺伝、生理状態 etc)と外的要因(生活習慣、投薬 etc)が人の健康状態を左右することを考慮して、テーラーメード医療(個人差を加味した新しい医療の形態)という新たな治療法に組み込んでいく取り組みが進められています。今後研究がさらに進み医療技術の向上につながることを願っています。今後研究がさらに進み医療技術の向上につながることを願っています。(下図は、早稲田大学・理化学研究所の研究成果より抜粋)

(服部正平・東京大学名誉教授ら)